今回はTV番組「マツコの知らない世界」で2位と紹介された

中村屋の麻婆豆腐の素「辛さほとばしる麻婆豆腐」の

さらに辛い新発売のバージョン、

新宿中村屋「鮮烈な辛さ、しびれる麻婆豆腐」

を食べてみたいと思います!

新宿中村屋「本格四川 鮮烈な辛さ、しびれる麻婆豆腐」

基本データ

  • 値段    税込242円
  • カロリー  306kcal
  • 内容量   150g  

辛さレベルが1〜6までで6レベルとのことで

かなり辛そうです。

刺激的な大人の辛さとも書かれていて

3種の唐辛子を使用しているそうです。

激辛ではなく強めの辛口くらいがお好みの方は

下の「辛さほとばしる」バージョンがおすすめかもしれません。

広告

こだわり

広告

3種のひき肉

ひき肉には豚肉、鶏肉、牛肉が使用されています!

とても珍しいですよね。

3種の唐辛子

赤唐辛子と2種の青唐辛子がブレンドされています!

爽やかさとわずかな酸味、清涼感、熟成した辛さが

深みを生み出しています。

付属の四川山椒

辛さと香りの四川山椒をお好みでかけられます!

ヤラピノピューレとは?

原材料名を見てみると

砂糖、魚醤の後に「ヤラピノピューレ」という

聞き慣れないものが。

ヤラピノとは、メキシコ代表の青唐辛子ハラペーニョのことです。

ハラペノと呼ばれることもあるそうですが

かなり刺激的な辛さがあります。

そのピューレが入っていますので

辛さと旨さに期待が高まりますね!

開けてみると

ソースと小袋の山椒が入っていました。

作り方はとても簡単。

鍋にソースと豆腐を入れ、煮詰めます。

長ネギがなかったので代わりにニラを入れて

ごま油を大さじ1杯まわしかけて

完成です!

ごま油の香りが立ってきて美味しそうです。

それではいただきます。

初めは、山椒をかけないでそのまま食べてみます。

美味しいーー!

お肉の旨味や深みのある豆板醤や唐辛子の旨味が

とても本格的な麻婆豆腐という感じです!

一口目は、意外と辛くないのかな?と思い

油断していたら来ました。

ビリビリ、ヒリヒリ!

これは大人でも食べにくいという方が結構いるんじゃないでしょうか。

でも、なぜかそれを上回る美味しさで

また一口、また一口。。

お店で出てきても遜色ないレベルではないでしょうか?

辛さは、飲み物がないと厳しい辛さで

以前食べた、LEEの20倍カレーや30倍カレーに匹敵するくらいの

鮮烈な辛さです。

今度は、付属の山椒をかけて食べてみます!

「非常に辛いので少量ずつかけてください」

と書かれていたので、本当に少しだけかけました。。

すると、山椒の爽やかなスパイシーさがプラスされ

これもまた美味しいです。

時々かけて、味を変えて楽しむことができました!

ちなみに、時間を置いて冷蔵庫に入れ、冷えたものを食べると

かなり辛さが抜けていました。

辛くなきゃ嫌!という方は

出来立てを完食してしまってください!

ここがポイント

  • 本当に辛い!
  • お肉や唐辛子の旨味たっぷり
  • 添付の山椒で味変できる

感想

汗をかきながら美味しくいただきました。

激辛がお好きな方

普段の麻婆豆腐には飽きたかもという方

などにおすすめです!

辛さばかりが際立つ感じではなく

深みがある美味しさだったので

食べたことがない方には

ぜひ食べてみてほしい一品でした。

麻婆茄子や棒棒鶏などに

アレンジしても美味しいと思います!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です