ダイソーの洗える「吸湿発熱生地マスク」と洗える「マスクケース」

ダイソー 吸湿発熱生地マスク、マスクケース」

感染予防にマスクは欠かせないものとなり

夏には「ひんやり」「冷感」マスクが人気になりましたが

この冬注目のマスクは「吸湿発熱」マスクです。

ミズノでも吸湿発熱生地を使用したマスクを発売しています。

こちらは日本製の吸湿発熱マスクです。

SS〜Lまであるのでお子様もピッタリサイズで使えます。

カラーも8色あり好みの色が見つかりそう。

広告

ダイソー「吸湿発熱生地マスク」

ダイソー 吸湿発熱生地マスク

基本データ

  • 値段   税込550円
  • サイズ  レギュラー、スモール
  • 色    白、黒、Sのみグレー
  • サイズ  約横10×縦14.5×紐の長さ10cm(筆者測定)

ダイソーから温かい冬用のマスクが発売されました!

吸湿発熱生地が使われていて機能的との事で

とても気になります。

100均にしては少しお値段はお高めの2枚入り550円です。

ダイソー 吸湿発熱生地マスク 選択可能 

着用イメージのイラストをみると

しっかり顔を覆うような形になっているのが分かります。

半分に折りたたんだ時の横のサイズは

約10cmですが真ん中の一番長いところは11.5cmほどでした。

縦は約14.5cm、紐の長さは半分で約10cmでした。

ダイソー 吸湿発熱生地マスクの素材

素材は表地が綿100%、

裏地はアクリル・レーヨン複合繊維50%、綿50%

耳ひもはナイロン70%、ポリウレタン30%です。

アジャスターはPVCという素材です。

ウイルスなどを防ぐ医療用とは書かれておらず

花粉やホコリが対象だそうです。

洗濯は手洗いが可能となっています。

ダイソー 吸湿発熱生地マスク

広げてみると立体感のある形!

「立体縫製なので顔にピッタリフィット」と書かれていたので

その通りでした。

パッケージのイラストの通り、

横幅や中心の縦が長めに感じる大きめサイズです。

レギュラーとスモールがあるので迷ったのですが

こちらはレギュラーになります。

ダイソー 吸湿発熱生地マスク アジャスター付きのひも

横から見ると鼻の位置がしっかり膨らむように設計されています。

包装されていたので少しシワがついています。

ダイソー 吸湿発熱生地マスク アジャスター付きのひも

耳ひもにはシリコンのような素材のアジャスターがついていて

動かすだけで調整できます。

特にゆるくはなく、そんなに硬くもないのでとても良い機能だと思います!

縫製もしっかりされています。

ダイソー 吸湿発熱生地マスク

生地はしっかりとした厚みのある素材ですが

ふんわりした触り心地で暖かそうです。

ダイソー 吸湿発熱生地マスク 裏地 グレー

内側はグレーの生地になっています。

一応こちらの面を外にしても見た目には変ではなかったので

商品説明には書かれてはいませんが

たまにリバーシブルとして使っても問題はないかもしれません。

ダイソー 吸湿発熱生地マスク グレー

こちらの裏地の生地は綿50%の他

アクリル・レーヨン複合繊維が50%使用されていて

この素材が吸湿発熱の元だと思いますが

化学繊維がお肌に合わない方にはお勧めできません。。

吸湿発熱の効果はある?

ダイソー 吸湿発熱生地マスク 立体裁断

実際につけてみるとまず少し大きかったので

女性の方などはスモールをおすすめします。

着け心地は優しい肌触りで快適。

しっかり頬をおおってくれるので風のある外を歩く時や

特に自転車で通勤、通学する方にとてもおすすめしたいです!

初め繊維が口に触れるのが気になりましたが

だんだんと慣れました。

そして本当にだんだんと温かく感じられました。

室内でしばらく着けているとポカポカしてきます。

吸湿性はというとあまり気付かない程度かなと思います!

確かに蒸れるなあという感じもなく

程よい湿度で息もできていたので

吸湿してくれていたのかもしれません。。

メガネをかけてみても目元までフィットしているからか

私がつけている間は曇るようなことはありませんでした。

ダイソー 吸湿発熱生地マスクは温かいのか

使い捨てマスクだと隙間が多くスースーする感じがあるので

こちらは厚みがあって密閉感もあり

ウイルスが入りにくい、出ていきにくい気がして安心です。

デメリットとしては繊維が口に当たるのが気になるのと

顔につく面が多いのでメイクは崩れやすいかもしれません。

ふんわり優しい着け心地と、温かさはおすすめポイントなので

マスクが頬などに当たって気になるという方や

寒いところで長時間作業しなければならない方などは

一度使ってみてはいかがでしょうか?

こんな可愛いチェックのデザインの吸湿発熱マスクもあるみたいです。

毎日着けるマスクなので、

いろんなデザインや機能で自分に合ったものを選びたいですね。

–>

広告

食事や外出時などに便利なダイソーのマスクケース

  • 値段   税込110円
  • サイズ  約縦14cm×横9.5cm
  • 色    ネイビー、アイボリー

こちらは100均の商品ではありませんが

マスクケースにもなる洗濯ネットです。

こんなデザインもあるのですね。

布マスクを洗濯する時に

帰宅していちいちネットに入れる必要がないという優れもの!

外でマスクを外す時にはどこにしまっておこうか

いつも置き場所に困っていました。

大抵はポケットに入れていたのですが

ダイソーでマスクケースを見つけました!

内側が抗菌加工されていてコンパクトな手帳型になっています。

こちらは平面型マスクケースで

サイズは約縦14cm×横9.5cm。

嬉しいのは、蛍光漂白剤が入っていないものなら洗濯可能なことです!

抗菌防臭加工がされていますが、だんだんと効果は低下してしまうそうです。

色はこちらのネイビーの他に白がありました。

こちらはデニム調な感じの紺色です。

それでは開けてみます!

大きなポケットがついていてこちらに入れるようです。

ボタンが少し固かったのと下の方に糸が出ているのはご愛敬ですね。

先ほどのダイソーのマスクを入れてみましょう。

平面型のマスク用との事だったので

少し大きいかもしれません。

やはり上がはみ出てしまいましたが、なんとか収まっています!

紐をしまう手間は少しありますが非常に簡単です。

厚みのあるマスクですがピッタリボタンも留まります。

上から見るとこんな感じです。

2つ折りにしたマスクがさらに半分に折られている形です。

予備を持ち歩く時にもう一枚入れても大丈夫だと思います。

使い捨てマスクなら5枚は入れられそうです。

取り出すのもとても簡単。

テーブルに置いたりポケットに入れたりすると

衛生的に良くないので専用のケースがあると便利で安心ですね!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です