SOTO ミニマルホットサンドメーカー2022新商品

アウトドアブランドSOTO(ソト)から大注目の新商品が2022年4月下旬、発売されました!

それがこちらです。

「SOTO ミニマルホットサンドメーカー ST-952」

楽天市場のアウトドア売れ筋ランキングデイリー1位になっていたり
かなり人気が出ている商品です!

どんな魅力があるのでしょうか?

広告

1持ち手がコンパクトになる

こちらのミニマルホットサンドメーカーの最大の特徴は折り畳み式ハンドルです。

根元付近から鉄板の方へパタンと折り畳めるのでかなりコンパクトになります。

さらに専用の収納袋がついているので持ち運びに便利!

↑画像はAmazonの商品ページにリンクします

基本データ

  • サイズ 幅136×奥行339×高さ39mm(使用時) 136×192×53mm(収納時)
  • 重量 約630g
  • 材質 プレート:アルミダイキャスト(フッ素樹脂加工)、ハンドル:ステンレス・シリコンゴム

2 上下取り外し可能

簡単に鉄板の上下を取り外すことができるので、
汚れが洗いやすい構造になっています。

片面だけでウインナーなどを炒めるなど簡易フライパンとしても活用できますね!

3 フッ素樹脂コーティング

こちらはフッ素樹脂コーティングなので、焦げ付きにくくお手入れしやすくなっています。

キャンプで一度調理して汚れて、洗いに行くのが面倒な時にも
拭き取るだけでなんとか次の料理もできるかもしれません。

素材はアルミダイキャスト製で、熱伝導率が高く、食材に均一に熱を通すそうです。

4 開いていても安定する

開いた時には持ち手が地面について軽く支えになるので、五徳の上でも安定して調理を行えます。

もちろん閉じた時にもプレートとハンドルの重さとのバランスを強化しているので安定します。

開いた時はガス管に垂直になるように開き、ガス缶に触れないように注意が必要。

広告

SOTOとは

SOTO キャンプ、アウトドアグッズ

SOTO(外)とは、欧米からきたアウトドア文化を
日本ならではの楽しみ方を見つけるために
日本に合った製品づくりを目標にしたアウトドアブランド。

新富士バーナー株式会社という名前から分かる通り、
バーナーやガストーチなど燃焼器具を中心としたアウトドアグッズを販売。


2022年の新商品には他にもHinoto(ひのと)というランタンが人気。
本体のタンクとOD缶に直接接続することも可能な機能性、
シンプルでスタイリッシュな見た目にほのかな火の揺らぎを感じられるアイテム。

Hinotoに関してはこちら。

SOTO 優しい光に癒される”ひのと” CB、ODも使えるおしゃれな充填式ランタン

持ち手がコンパクトになるホットサンドメーカー2種

現在、SOTOのミニマルホットサンドメーカーは人気が高く、
品薄で手に入りづらい状況になっていますので、
持ち手が取り外せるなどコンパクトになるホットサンドメーカーを2種類ご紹介します!

一つ目は比較的安く、お手軽な和平フレイズのホットサンドメーカー。
持ち手を折り畳んでコンパクトにできます。
上下取り外してフライパン使用も可能!

こちらはUJack(ユージャック)のホットサンドメーカー。
日本製で、フッ素加工あり、なし、フチの圧着あり、なしが選べるのが魅力!
フッ素コーティングなしのものは直火や焚き火で汚れてもガシガシ洗えます。
ステンレス製。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。