無印良品のレトルトカレーはクオリティが高く種類も豊富で

お気に入りを常にストックしているという方も多いほど人気です。

しかし、数十種類のカレーの中から

私が食べてみようと選んだのは

糖質オフのキーマカレー!

口コミを見てびっくり・・・

正直言うと消極的な意見が多かったです。

ここには書けないほどの酷評で美味しくないと言う意見も!

ですが食べてみる以外に選択肢はありません。

どんなものなのか、頂いてみようじゃありませんか!

糖質7.8gのキーマカレー

無印 糖質10g以下のキーマカレー パッケージ

基本データ

  • 価格    税込350円
  • カロリー  121kcal
  • 内容量   150g
  • 辛さ    3(中辛)

無印 糖質10g以下のキーマカレー カロリー 食塩など栄養成分表示

糖質は7.8gです。

糖質だけでなく塩分も1.8gと少し控えめですね。

同じ糖質10g以下の欧風ビーフカレーは2.1g

素材を生かしたグリーンカレーは2.2gになります。

無印 糖質10g以下のキーマカレー 辛さ 味の特長

小麦粉を減らした鶏ひき肉、たけのこに

生姜がきいたキーマカレーだそうです。

量は、他の無印のカレーが大体200gなので少なめです。

無印 糖質10g以下のキーマカレー パッケージ、原材料、アレルゲン

原材料は、国産の鶏肉、玉ねぎ、生姜、タケノコなどが中心になっていて

その他コリアンダー、カルダモン、ターメリック

などスパイスの名前がたくさん書かれています。

広告

フェヌグリークリーフとは

カスリメティとも呼ばれるフェヌグリークリーフとは

独特の苦味や甘みを持ったハーブの一種です。

インドカレーやタンドリーチキンに使用されますが

日本ではまだ珍しいスパイスとなっています。

それでは湯煎で5〜7分温めたら、お皿に盛ります!

無印 糖質10g以下のキーマカレーのルー

想像よりもさらさらしたキーマカレーです。

キーマカレーというとひき肉がもっと際立った

ドロっとしたものをイメージしていました。

※キーマというのはヒンディー語でひき肉や細切り肉のこと。

キーマカレーとはひき肉を使ったカレーのことでインド料理なのですが

他に特に決まりはありません。

無印 糖質10g以下のキーマカレーの鶏ひき肉

それではいただきます。

うん?

普段食べているカレーに比べると確かに薄いような。。。

スープにも近いとも言える、本当にさっぱりしたカレーです。

一口目はアレっと思ったのですが、2口3口と食べていくと

スパイスや生姜など旨味を感じて美味しいです。

具材の方はというと鶏ひき肉は柔らかいのですが

コリっとした食感のものがあります。

そうです。

細かくきざまれたタケノコです。

この食感がアクセントになっていて次々食べ進めてしまいます。

無印 糖質10g以下のキーマカレーのルーはサラッとしている

パンチがない、物足りないという意見も多いかもしれませんが

このカレーのいいところは脂っこさや塩辛さがないところかと思います。

糖質オフを忘れられるほどのカレーではないかもしれませんが

体が喜ぶカレーだと感じます。

体調が優れない日や病み上がりに食べると染み渡ると思います!

糖質オフのカレーとしては十分なのではないでしょうか。

ここがポイント

  • サラッとしていてあっさりしたカレー
  • きざみたけのこが食感のアクセント

感想

口コミでは評判は良くなく、

確かにさっぱりしたカレーです。

時々食べたくなる体に優しいカレーという感じで

糖質オフだと意識して食べれば美味しいカレーでした!

なのでパンチがあってガッツリ食べるのがカレー!

という方にはおすすめできません。。

しかし、体を気遣っている方、優しいカレーが食べたいという方

糖質制限を徹底している方、サラッとタイプのカレーが好きな方

には大変おすすめのカレーでした。

カリフラワーライスでさらに糖質オフ

徹底的に糖質を制限したい方にはおすすめの

カリフラワーライス。

白米の10分の1の糖質と言われていますので

ライスをこちらに変えるとさらに効果は抜群です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です