レトルトカレーをたくさん買っておいて

無性に食べたくなった時好きなものを選んで食べると

お家のご飯も結構楽しいんですよね。

しかも、かなりレベルが上がっています。

今回はレトルトカレーの

「エチオピア ビーフカリー」

食べてみようと思います!

カレー激戦区東京都神保町の名店「エチオピア」のレトルトカレー(MCC食品)

カリーライス専門店エチオピアの由来
広告

カリーライス専門店エチオピア

昭和63年4月神田に1号店をオープンした

エチオピアの店名の由来は

創業当時エチオピアコーヒーの評判が良かったからだそうです。

辛さ70倍まで選べると言う

かなり有名なカレー屋さんの「エチオピア」は

行列のできる人気店。

お店には敵わないと言う声もチラホラ聞こえてきますが

レトルトカレーが手軽に手に入るので

試してみたいと思います!

エチオピアのレトルトビーフカリーのパッケージ

基本データ

  • 値段    税込360円ほど(筆者購入時)
  • カロリー  189kcal
  • 内容量 200g

辛さレベルは1〜5まであり

一番辛い5になっています。

エチオピアのレトルトカレーの原材料、内容量、作り方

原材料を見てみると

野菜が一番にきていて

人参は国産と書かれていますね!

お肉はハーブで煮込んだ牛肉が入っています。

他には、鰹節エキスなんていうものも入っています。

厳選スパイス使用

カレー激戦区から全国へ轟く 独特の味わいカレー

期待が高まります!

家でご飯に盛ったエチオピアのレトルトカレー

湯煎で5分温めてお皿に盛ったのがコチラ。

野菜だけでトロミをつけた感じのカレーです。

確かに原材料にも小麦粉が入っていなかったです。

とっても美味しそうです。

エチオピアのレトルトカレーの中にある牛肉

お肉は2.5切れほど入っていました。

それではいただきます!

口に入れた瞬間、

リンゴや野菜からくる甘さが感じられるのですが

かすかにビターで後味がさっぱりとしています。

独特の漢方にも似たハーブ系の香りが

深みを増していて美味しいです。

何口か食べ、油断していると

だんだん辛くなります!

アジア系のカレーでもなく

日本の家庭のカレーでもなく

欧風カレーに野菜&果物ピューレ増し

といった感じでしょうか。

とにかく美味しいです。

粉っぽさや脂っぽさがないので

罪悪感もなく食べやすくて

健康になりそうな気がします。

お肉の方はそんなに大きくはないのですが

脂身と半々になった牛肉で

よく煮込まれており、程よい歯切れで美味しいです。

辛さがあるのと独特のビターめのカレーなので

お子様にはおすすめできない

大人のカレーでした!

ここがポイント

  • 野菜のみのトロミ
  • 結構辛め
  • 独特の美味しさ
  • 油や粉っぽさがない

感想

とても美味しかったです。

とろみ加減が好みで

辛さは辛口だったのですが

スプーンが止まらなくなります。

少しお高めなのですが

お店の味を堪能できると思いますので

一度ぜひ食べてみてください!

広告

激辛バージョンもある

今回食べた分も辛口なのですが

それを上回る「激辛」が販売されていて

お店の辛さ10倍カレーに相当するそうです。

辛くて美味いカレーを追い求めている方にはおすすめです!

口コミでも好評です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です