キャンプや車中泊、DIY、

災害時の停電対策にも役立つ

持ち運び可能なバッテリー。

とうとう私も購入してしまいました!

ポータブルバッテリーJackery 400

段ボールに梱包された届いたばかりのジャクリー

専用の段ボールに入って届きました。

結構お値段がするものなのでドキドキしながら開封します。

開けてみると、、

ジャックリー400whのパッケージ

さらに箱に入っています。

かっこいい。。

シンプル目なパッケージがいいです!

テンションが上がりますね!

基本データ

  • 値段     44800円
  • サイズ    230×167.3×133.3mm
  • 重量     3.6kg 
  • 定格出力   200w
  • 瞬間最大出力 200w
  • 容量     400wh

広告

ジャックリーの特徴

2012年に元アップルのバッテリーエンジニアの方がメンバーとなって

設立され、2015年世界初ポータブルリチウム電源を開発。

JVCケンウッド社、米国ホンダなどと提携していて

とても信頼の高いブランドとなっています。

開封した正面のジャックリー400

中には黒とオレンジのあのデザイン。

角は丸みがあって安全です。

コンセント、シガーソケット、USB、入力端子、ディスプレイと

とてもシンプルな作りになっています。

ジャックリーに同梱されていた保証書など

説明書や保証書が入っています。

ジャックリーには24ヶ月保証が付いているのがありがたいです!

Jackery 読み方:ジャックリーの名前の由来

Jackeryの名前の由来はジャケットとバッテリーを組み合わせた造語で

身に付けるように手軽に使えるような電源を

というコンセプトで作られました。

ジャックリーのポーチ、充電コード、シガーソケット用の充電コード

付属品は充電コード、シガーソケット用の充電コード

それらを入れるポーチです。

ジャックリー400のサイズ比較 豆乳

思っていたよりコンパクトサイズで嬉しいです。

豆乳と比較してみると高さはかなり低く、

厚みは2個分と同じくらいです。

分かりにくい比較で申し訳ないです。。

ななめ上から見たジャックリー400

上から見てみるとこんな感じです。

表面が少しざらついているのですべらないことと

持ち手がきちんと本体に収まるので

上に物を置いたり収納するのに便利です!

横から見たジャックリー400

側面にはオレンジのカバーで覆われた通気口があります。

持ち手は丸ではないので少し滑りづらくなっています。

100%充電になるには時間がかかる

記載の充電時間は7.5時間になります。

99%まではほぼ順調に充電していたのですが

最後の一息がものすごく時間がかかりました。

急いで充電したい時は

100%に囚われない方がいいかもしれません。。

充電100%のジャックリー400

電池の残量表示が1%きざみで細かく確認できるので

自分が使いたいものがどのくらい消費するのか

どのくらい充電できたか

などがパッと見て分かるのは助かります。

広告

さらに大容量700、1000

ジャックリーにはサイズ違いがあり、240、400、700、

そして今年発売された超大容量な1000。

こちらは人気の高い700。

こちらは超大容量の1000。

最大出力(w数)が大きくなり、使える家電の幅も広がるので

災害時にも強い味方になってくれそうです。

私が購入したのはこちらの400。

2、3日くらいなら十分かなと思い

お財布と相談しながらこちらを選びました。

ソーラーパネル

こちらを繋ぐと太陽光から充電可能になるので

キャンプ中に充電することもできます。

何日も旅に出たり、停電時に持っていると安心ですね。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です