ランタンはデザイン性が高いものから

シンプルでコンパクトなモデル、

バッテリー付など、とても種類が豊富です。

ざっと機能の種類を挙げると

ガス式、灯油式、ガソリン式、充電式、電池式、

ソーラーや手回し充電機能、

懐中電灯付、防水防塵機能、

蚊や虫除け機能付きなんていうのもあります。

こちらは定番とも言えるキャプテンスタッグのオイルランタン。

炎の揺らめきが感じられて素敵です。

オイルランタンにはロマンや憧れがあるのですが

明るさが足りなかったり安全性を考えると

なかなか手が出せません。

その中で今回は利便性がメインのお手軽な

  • USB充電
  • モバイルバッテリー

という機能が備わった1500円前後の

比較的安価なランタンを2種購入しましたので

ご紹介します。

ソーラー&USB充電ランタン

ヒロコーポレーションのランタン

基本データ

  • 値段  1400円程度
  • サイズ 収納時 約90×90×140mm 展開時90×90×200mm
  • 重さ  約260g
商品詳細(サイズ、重量、充電時間、連続使用時間、付属品)

電池を買うのが面倒なのでUSB充電式を探していました。

価格は1500円しないくらいで安いのですが

連続使用時間がランタン3〜4時間、懐中電灯6時間と

少し短めになっています。

しかしUSB充電、ソーラー充電が可能なので

昼間外に置いておくだけで充電できますし

モバイルバッテリーなどからも充電することができます。

※ソーラーからは快晴時で満充電まで15〜20時間かかります。

 USBからは7〜8時間かかります。

ランタン 使用時の注意 パッケージ裏

懐中電灯にもなるLEDランタン

こちらが開封したところです。

簡単な説明書とUSBケーブルが付いています。

見た目は大きな懐中電灯なのですが

本体をスライドするとランタンの灯りが現れます!

ランタンの充電ケーブル45cm

付属のケーブルの長さは45cmほどです。

モバイルバッテリーを使用中のランタン

モバイルバッテリー機能を使用してみました。

外部へ充電する際はグリーンに点灯し、問題なく使用できました。

点滅するとランタン本体の充電がないという合図だそうです。

USBケーブルから充電中のランタン

USBでランタンを充電しています。この時は点滅します。

赤ランプが微光するとソーラー充電中、充電完了すると点灯します。

広告

ダブルでかなり明るく!

懐中電灯とランタン両方つけた時の明るさ

ランタンと懐中電灯、2つ同時につけることも可能なので

かなり明るくなります。

テント内や食事テーブルの上に吊り下げると

過ごしやすいと思います!

懐中電灯はスポットライトのような感じで

少し範囲が狭く感じましたが

光は思ったよりも強く、明るかったのでよかったです。

コスパ◎筆者おすすめランタン

おすすめの防水防塵LEDランタン モバイルチャージ付き

手のひらサイズのこちらのランタンは

  • LED
  • USB充電
  • モバイルバッテリー
  • 防水防塵

という特徴を持っています。

付属のケーブルとストラップ

特におすすめポイントはコンパクトながら

バッテリーが5200mAhと大容量なところです。

上部にカラビナ付きフックが付いていて

簡単にひっかける事ができます。

また磁石が入っているので

車などに付けて作業したりもできます!

基本データ

  • 値段     1700円ほど
  • 容量     5200mAh
  • 重さ     190g
  • 防水防塵   IP65
  • 最長点灯時間 100時間
  • 明るさ    200lumes(4w)

軽さ、明るさ、点灯時間、防水機能、バッテリー容量

どれをとっても優秀です。

アマゾンではAmazon’s Choiceに選ばれていて

評価が高く、安価であると人気の商品になっていますので

ランタンの購入が初めての方もそうでない方も

持っていて損はないランタンだと思います。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です