ホームセンターでも買えるブルーシートのグリーンバージョン”ユタカ#3000ODグリーンシート”をタープやテント代わりに。

odグリーンシート タープ

安くてこんなタープが立てられる「グリーンシート」が

密かな話題になっています。

それがこちら、ブルーシートを使用したタープです!

でも色はブルーではなくグリーン。

そこが森や木に囲まれた芝生などのキャンプ場に馴染んで

あまり安っぽく見えないからワイルドでカッコイイのです。

タープだけでなく、ステルス張りという高度な張り方をすれば

まるでテントのように張ることも可能です。

他にもテントの下に敷くグランドシートとしても使用可能なので

使い方がたくさんあってとっても便利。

広告

<サイズ>

odグリーンシートサイズ2.7×3.6m

基本データ

●ハトメ数(個):14●ハトメピッチ(cm):90

●幅×長さ(m):2.7×3.6●質量(kg):1.5

●色:ODグリーン●厚み:0.22mm

●引張強度:縦683N/5cm、横600N/5cm

●耐久期間:約1年●引裂強度:縦140N、横90N

●ポリエチレン(PE)●ハトメ:アルミ(内径:12mm)

今回私が購入したのはこちらの2.7×3.6mサイズのものですが

1.8×2.7mのサイズから7.2×9mまであります。

小さめのものはグランドシートにおすすめです!

色も迷彩柄やシルバーもあります。

odグリーンシート ハトメ

また、こちらは#3000という厚みですが

それぞれ目安の耐久年数が記載されています。

#1100/約1ヶ月

#2000/約3~6ヶ月

#3000/約1年

(3.6m×5.4mサイズのシートを基準とし、

その重さが約3000gあるシートを「3000番(#3000)」

と呼ぶらしいです。)

<簡単なタープの張り方>

odグリーンシート タープの張り方

こちらの画像のタープの張り方は初心者でも張ることができます。

張り方はコチラ!

  1. 後ろの両端をペグ打ちします
  2. ポールに2本ロープを引っ掛けて、グリーンシートの真ん中に立てます
  3. 前の両端にロープを通してペグ打ちします
  4. 全体の長さやペグの位置を調整してピンと張ったら完成!

odグリーンシート タープの張り方

<ポール>

私が購入したものはこちらのViaggio+ タープポール。

ポールはしっかりした太さと高さのあるものを選びました。

折れにくい太さとタープの中で立つことができるような高さで

ゆったりした空間にしたかったからです!

太さ32mmで120〜280cmまで

高さ調整も可能となっています。

スノーピークのものはシルバーでシンプルです。

ポールは長さや太さが色々あるので、

用途に合わせてお好みのものをお選びください!

YouTube動画でも

<メリット、デメリット>

こちらのグリーンシートのメリットとデメリットを

まとめましたのでよかったら参考にしてみて下さい!

●メリット●

  • 安い
  • 耐水性が高い
  • タープやグランドシートにもなる
  • 切って自作スカートを作れる

●デメリット●

  • 強風や雨天時は音が大きい
  • ハトメが取れやすいものもある
  • コンパクトにしづらい
  • 少し重い

張り方いろいろ!自由な使い方ができる。

グリーンシートはこんな風にそのままテントの下に敷くと

しっかりした厚みと防水性があるので

グランドシートとしても有能です。

また、こんな風に完全に囲う形で立てることもでき

テント代わりにもなります!

ブルーシート。奥が深いです。。

大きさによってイメージも変わるかもしれませんが

一般的なタープとしての立て方はこんな感じです。

他にもカーサイドタープにしている方もいらっしゃったり

使い方の自由度が高いアイテムです。

タープを忘れた時にもお安く購入できるので

一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です