最新soundPEATSサウンドピーツTrueAir2

soundPEATSサウンドピーツTrueAir2

基本データ

  • 製品名   TrueAir2
  • 値段    4990円
  • メーカー  SoundPEATS Audio
  • 充電    type−C
  • 色     ホワイト、ブラック
  • 連続稼働  本体5時間、ケースを含めると最大25時間
  • 重さ    片耳3.5g、充電ケース33g(合計40g)
  • Bluetooth  5.2対応
  • 性能    Qualcomm TrueWireless Mirroring、cVcノイズキャンセリンク

広告

なぜサウンドピーツのtrue airを選んだか

soundPEATSサウンドピーツTrueAir2

今回の選んだ決定的な理由はインナーイヤー型だったという事です!

インナーイヤー型でなければ、

同じ価格帯のアンカーのAnker Soundcore Life p2を購入していたと思います。

インナーイヤー型の中でも価格も割とお手頃で、

高すぎず安すぎないのが安心。

Amazonでのレビュー件数も多く、現在星4以上と高い評価を得ています。

「VGP 2021」という国内最大級を誇るオーディオビジュアルアワードVGPで、

「コスパ大賞」と完全ワイヤレスイヤホン(5千円未満)部門の「金賞」

をダブル受賞していることも後押しとなりました!

さらに、Amazonのメーカー直営店では1年保証がついているみたいです。

soundPEATSサウンドピーツTrueAir2

iPhoneと同じタイプcでの充電もありがたかったです。

横にあるランプが充電中は赤く光り、フル充電になると消灯します。

使い方

携帯につなげるためには

携帯の設定からBluetoothをオンにして

イヤホンをケースから取り出し、接続します。(ペアリング)

再生や一時停止、音量、曲送り、曲戻しの操作は

本体の「S」部分をタッチする事で行う事ができます。

soundPEATSサウンドピーツTrueAir2のケース

実際使ってみて感じたメリット、デメリット

広告

メリット

まず音質は、アップルの純正イヤホンよりは少し劣るかもしれませんが、

クリアでこもった音はせず、想像よりも良かったです。

約2週間(主に家の中で)使用しましたが、

今のところ接続の途切れはありませんでした。

こちらのTrueAir2は、ケースがコンパクトな箱型になっているので

ポケットなどに入れて持ち歩きしやすいです。

しかも片耳3.5gととても軽量で、着け心地がとても軽い!

なのに日常生活で落ちそうになることはありませんでした。

ちなみに、イヤホンカバーをつける方は

付けたまま充電が可能(ダイソーのカバー)でした。

また、

以前使用していたカナル型の突起のないイヤホンと比べると、

ボタンの誤作動が減ったことはとても良かったです。

以前使っていたカナル型のイヤホンでは

イヤホンを取り外しの際や、着け心地が悪い時に直す際に

間違ってボタンを押してしまっていました。

今回購入したサウンドピーツのイヤホンは突起部分が

持ち手代わりになって付け外しがしやすくなっています。

soundPEATSサウンドピーツTrueAir2の充電器はタイプc
充電コードは少し短く、20cmほどになります。

デメリット

デメリットとしては、まず防水性が謳われていないところが挙げられます。

箱や取扱説明書にも見当たらなかったので防水ではない可能性が高いです。

soundPEATSサウンドピーツTrueAir2

また、「L」と「R」の文字が薄くて見にくい事があります。

突起の真ん中あたりにまるで囲っているところに書いてありますが

細く、薄いのでわかりづらいかと思います。

電池の持ちはというと記載では5時間ほどで、

実際にYouTubeを見た場合では4時間45分くらいでした。

電池が少なくなるとローバッテリーと数分おきに教えてくれます。

soundPEATSサウンドピーツTrueAir2を充電
充電中は赤く点灯します

カナル型で同じ価格帯でおすすめなのはAnker Soundcore Life P2

こちらはカナル型なのですが、

モバイルバッテリーやスピーカーなどで有名なメーカーであるAnker製で

イヤホン本体のみで最大7時間再生でき、

ケースを含めると最大40時間使用できます。

防水性はIPX7と高水準で、雨や汗で壊れる心配はまずなさそうです。

重さは62g、USB Type Cでの充電となります。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です