100均 ダイソーの毛玉取り機

100均 ダイソーの毛玉取り機

お気に入りでよく着ているニットや部屋着などに

毛玉がたくさんできて、もう着られない!

と捨ててしまう前に

一度これをやってみて下さい!

新品かと見違えるほど綺麗に蘇るかもしれません。

広告

ダイソーの毛玉取りは取れる?

100均 ダイソーの毛玉取り

今回、いつも使っていた毛玉取り機が

安い電池を入れっぱなしにしていたせいで

液漏れしてしまい、調子が悪いながらも

ずっと使っていたらとうとう使えなくなってしまったので

以前100均のダイソーで毛玉取り機を購入していたのを

思い出し、長く仕舞い込んだままだったのですが

使ってみることにしました。

通常は1000円〜2、3000円する毛玉取りが

100円なので本当に取れるのか心配ですが

開封していきます!

ちなみに手玉取りの売り場はどこに売っているかというと

ハンドメイドや手芸のコーナー、または衣類のコーナーにあることが多いです。

100均 ダイソーの毛玉取り器

ちゃんと蓋ができるようになっています。

中には刃の部分に詰まりがちなゴミを取るハケも付いていました!

生地保護リングのような衣類ガードは付いていないので

強く生地に押し当てないように、少し注意が必要かもしれません!

100均 ダイソーの毛玉取り機

電池は単3電池2個が必要になり、別売りとなっています。

今回私が購入したものは電池を入れる際、固くて少し入れにくかったです。

100均 ダイソーの毛玉取り機

電池を入れるところはこんな感じです。

恐る恐る電源をつけてみると

シュイーンとおもちゃっぽい音がしてきました。

しかし、元気そうです。

頑張ってくれるか!?

セーターを1着毛玉とりしてみると、、

100均 ダイソーの毛玉取り機

小型なのでセーターを一着分、全てを綺麗にするには

何十分か、時間はかかりますが

使い始めると切れ味は想像以上で、

満足できるレベルです!

反対に、小型なので持ちやすく、

軽いので疲れにくいというポイントはあるかもしれません。

あとは何年この切れ味がもつか、壊れないかと言うところです。

ちなみにセーター1着するとゴミは満タンになりました!

100均 ダイソーの毛玉取り機

パッケージの裏側に書いてあるのですが

回転が悪くなった時はC(刃が付いている部品)の裏側を

潤滑油などを染み込ませた布で拭くと良いそうです。

メリット デメリット

メリット、デメリットを簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 安い
  • 小型で軽い
  • 切れ味◎

デメリット

  • 衣類ガードが付いていない
  • 面積が小さいので時間がかかる
  • 小型なのでゴミが満タンになるのが少し早い

テスコム 毛玉取り器 グレー

毛玉を取る時間はなるべく早く済ませたいという方に

おすすめなのはやはりメーカー品で、信頼できます。

こちらのテスコムの毛玉取り器は

Amazonのベストセラー商品にもなっている

一番人気の毛玉とり!

生地をいたわる風合いガードで

毛足を残す長さを3段階に調節できるのもポイント。

ティファール 毛玉取り 毛玉クリーナー コードレス USB 充電式 風合いガード

こちらは電気ポットなどで有名なティファールのUSB充電式の毛玉とり。

USB充電だと、私のように電池の液漏れで故障する心配はありません。

電池を買い溜めておく必要もないのでお手軽です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です