ローソン×GODIVA メルティショコラ

基本データ

  • 価格 税込450円
  • 購入店名 ローソン
  • 商品説明 まろやかなホットミルクに、コク深いカカオ72パーセントのダークチョコレートを少しずつ溶かし、とろけだしたチョコレートを楽しむ新しいスタイルのスイーツです。(ローソンHPより)

今回はGODIVA×MACHI Cafe 「メルティショコラ」を購入しました。

このメルティショコラ、ゴディバのチョコレートをホットミルクで溶かしながら食べるというなんともオシャレな食べ方なんです。

寒い季節にぴったりなコラボ商品ですね。

広告

メルティショコラとは?

ちなみにメルティは(melty)は「溶けやすい」という形容詞の英語で、

ショコラ(chocolat)とはフランス語でチョコーレートのことなんです。

ホットミルクの入ったカップとチョコレートの入った袋です。カップはオリジナルで可愛いですね!

チョコレートの袋の裏側です。

食べ方の説明が書いています。

ホットミルクにはキメの細かい泡がのっています。

美味しそうですねー

袋から取り出してみます。

ゴディバのロゴが入っています。

ビターなチョコレートの香りがします。

カカオは72、4%です。

これをカップに入ったホットミルクで溶かしながら食べるようです。

それではチョコレートをつけてみます。

あ!!

チョコレートの裏にドライフルーツのようなものが!!

ドライストロベリーとのことです。

表のGODIVAのロゴに完全に気を取られていました。ミルクにつけるまで全く気づきませんでした。。

気を取り直して、ミルクの中でグルグルかき混ぜます。

とろ〜ん。。

そんなに時間はかからずにチョコレートが溶けはじめました。

これは今こそ食べごろ!?食べていいんですよね!?初めてこんなもの食べるからイマイチ食べ方が分かりませんが、

いい具合なのでペロリ。

おおートロトロ、口全体にビターなチョコレートが広がります。なんだかチョコレートフォンデュを思い出します。

この後にホットミルクを飲んでみます。

あー温まります。ホットミルクを飲むことで口の中のチョコレートといい感じに溶け合います。

後半、チョコレートが溶けたホットミルクを飲んでみると、チョコレートが甘さ控えめなのもあってあまりチョコ感はありません。

最後はミルクが冷えてきてチョコレートと分離してしまいました。。

ここがポイント

  • GODIVAのチョコレートがビターで濃厚
  • チョコレートのトロトロ食感を楽しめる
  • どのくらい溶かしながら食べるのがベストかよくわからない

感想

チョコレートはどれくらい溶かして食べればいいのかはよく分かりませんでしたが、

初めて、チョコレートを溶かしながら食べるということで、なんだか楽しかったです。

寒い冬に、とろけるゴディバのチョコレートとホットミルクはちょっとリッチな気分を味わえます。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です